人目に触れなくてもケアしたい!くるぶしの黒ずみ

こんにちは!

徐々にあたたくなってきていますが、まだ夜は肌寒いですね。もう卒業式も終わっ春になって出会いの季節になりますね。

そうすると、やっぱりおしゃれをしなくちゃってことでどうしても七分丈のパンツをはいたりするときに出てしまうのがくるぶし。女性にとっても意外と見逃してしまいがちな、くるぶしの黒ずみケアについて考えてみたいと思います。

1.ワセリンパックで黒ずみが消える
ドラッグストアなどで簡単に手に入るワセリンは、全身の黒ずみケアにもよく使われています。
黒ずんだくるぶしにたっぷりと塗り込んで、上からラップなどで巻いて10分間程度放置する、ワセリンパックが最適な方法です。
入浴後などの皮膚が柔らかくなっている時にパックをすると効果的です。
皮膚の再生サイクルは約1ヶ月程度といわれていますから、最低でもこの間は毎日パックを行うほうが良いです。
肌サイクルが整えば、次第に内側から白い肌が見えてくるので、それまでは気長に行ってください。

2.ぴったりした靴下やタイツを避ける
くるぶしの黒ずみの原因は、肌に負担がかかるような習慣があることも考えられます。
例えば、ゴムがキツい靴下を履いているとか、ぴったりと吸着するタイツを愛用しているなどです。
黒ずみは肌ダメージのサインですから、日常的にくるぶしの肌を摩擦するようなことがあると、なかなか消えてくれないのです。
ワセリンパックの効果を早く実感するためにも、普段からくるぶしの皮膚にダメージを与えていないか見直しましょう。

薄着になる季節以外は、あまりお手入れをしないくるぶしも、ダメージが重なると黒ずみが酷くなります。

慌ててケアしても間に合わないこともありますから、年間を通して黒ずみケアをするように心がけてください。